交通事故の危険

今や世界中で自家用車が走るようになりました。
数十年前には考えられない程の交通量が様々な場所にあります。
これによって私達の生活は非常に便利になり、移動時間は極めて短縮されることになりました。
しかし、この交通の発展によって、同時に発生した問題があります。
それが「交通事故」の問題です。
自家用車がない時代においても馬車との接触事故などは時折ありましたが、現在のように個人が被害者になったり、個人が加害者になったりすることは少なかったと言えるでしょう。
こういう時代になった以上、交通事故は「起こさないように」「遭わないように」両者が注意することが重要になりました。
では、交通事故に出会わないためには、どんなことが必要になるのでしょうか?

このサイトでは大きく3つに分けて交通事故に遭わないための方法を考えます。
まず1つ目に紹介するのは「運転の際の注意」です。
交通事故の多くは自動車の運転者の過失によって発生しています。
どのような過失が事故に繋がるのかを考えます。
次に紹介するのは「年齢と事故」です。
事故を起こす側も、起こされる側も、年齢によって発生してしまっているケースが少なからずあります。
交通事故と年齢との関係について考え、防止策を検討しましょう。
そして最後に「歩行者の心構え」について紹介します。
自動車側にミスがあるケースだけではなく、歩行者側に問題があって事故が起こるケースもあります。
どんなことに注意すべきか紹介します。